facebooktwitteryoutube
学校行事の一大イベントと運動会

子供の頃の学校行事の思い出と言えば何ですか?と聞かれますと「運動会」と答える方は多いと思います。

運動会は学校行事の一大イベントと言っても過言ではないくらい、ほとんどの学校では運動会に力を入れていますので思い出も倍増なのかもしれません。

小学校では運動会と呼ばれますが、中学校や高校になりますと多くの学校では、運動会の事を体育祭と呼ぶようになります。

ですが、その内容は運動会とさほど変わりはありません。

学校行事で行われる運動会では、生徒たちの調和や協力、連帯感、団結力などを育てる目的として開催されています。

ですが、運動会は学校行事として行われるものだけではありません。

学校行事以外でも会社や地域社会などで、親睦を図る目的として様々な場所で運動会が開催されています。

会社や地域社会などで開催される運動会では、子供や大人の方も一緒になって参加する事が多く老若男女問わずに、大勢の方が一丸となって楽しみ盛り上がる事が出来ます。

学校で行われる運動会では全校生徒が赤組と白組のチームに分かれて、それぞれの学年別に年齢に合わせられた体育競技などが取り行われます。

低学年の生徒達は、主にリレーやダンス、玉入れなどの種目が行われ、その可愛らしい姿に見ている生徒や保護者の方々を和ませてくれます。

高学年の生徒達は、主にリレーや組体操、騎馬戦、踊りやダンスなどの種目が行われます。

高学年にもなりますと高度な技などが取り入れられている場合もありますので、迫力のあるものが見られます。

ですが、最近では騎馬戦や組体操を行っている最中に怪我をする生徒や、怪我をする恐れがあるとの理由などから、騎馬戦や組体操を種目から外す学校も多くなっています。

それには賛否両論あるため何とも言えませんが、昔は騎馬戦や組体操と言えば、運動会の種目として当然入っていたものですので、騎馬戦や組体操が行われない運動会を見ると、何だか物足りない感じがしてしまい、寂しく思ってしまうのは、私が昔の人間だという事なのでしょうか。

もちろん生徒達の安全が第一なのですが・・・。

また、運動会の楽しみと言えばお昼ご飯ですよね。

この日ばかりはと、保護者の方は子供の為に腕によりをかけて、豪華なお弁当を作ります。

家族だけではなく、親戚の方も集合し宴会状態の運動会ランチを行っている団体もちらほら見られます。

ですが、保護者の方が家庭の都合などで来られないというお子さまが、存在しているのも事実としてある為、最近では、この状態も問題視されており、学校によってはお弁当を教室で食べたり、普段通り給食を出している学校もあるようです。

近年の運動会は、昔と比べますと様々な変化が見られますが、毎年開催される運動会は、一年前の我が子と現在の我が子の成長を実感する事ができる、素敵な学校行事の一つですので、この先もずっと継続して頂きたいと思います。

学校行事の一大イベントと運動会